1. 大阪の遺産相続手続き、遺言書作成の相談なら女性行政書士ディア法務事務所
  2. 遺言書の調査

作成前の準備 | 遺言書作成・執行の流れ

  1. 調査
  2. 作成
  3. 執行

遺言書を作成する前に、それに必要な情報を集め、整理するところから始めましょう。

具体的な情報としては、「どういった財産がどこにあるのか」「相続の権利を持っているのは誰なのか」「財産を誰に譲りたいか」の3つが挙げられます。

財産調査をしましょう!

まずは、ご自身が現時点でどのような財産を持っているのかについて把握し、財産目録という書面を作成して記録に残しておきましょう。

その際には、できればそれらの財産がどのくらいの価値を持っているのかについて評価しておくと良いです。ここである程度財産を把握しておかないと、遺留分の問題などにより、遺言書の内容通りに相続がなされないことに繋がる可能性があります。

また、それらの財産がどこにあるのかについても書き残しておくことをおすすめします。遺言を執行する際に、財産目録に書かれた金銭や物がどこにあるのかについて分からないということが起こるためです。

遺言を執行する際のことも考えて、準備をするようにしましょう。

相続人を把握しましょう!

相続人が誰で、通常(遺言書を書かずに、法律上の規定に従って相続を行う場合)であればどのような遺産分割が行われるのか、そして遺留分を請求できるのは誰で、それはどのくらいの権利があるのかについても先立って把握しましょう。

相続人に関する情報を知らずに遺言書を書いた場合、遺留分の問題によって、遺言書の作成者のご意思の通りに相続がなされない可能性が出てまいります。

また、最悪の場合は、「相続争いを予防するため」に作成する遺言書が、「相続争いの原因となってしまう」こともありますので、情報に抜けや漏れがないよう、しっかりと確認を行ってください。

  1. 調査
  2. 作成
  3. 執行
ご相談&お見積り無料。簡単なご質問だけでもお気軽にお問い合わせください。電話番号0742-34-5634 受付時間10:00〜18:00
24時間受付のメールお問い合わせはこちら