1. 大阪の遺産相続手続き、遺言書作成の相談なら女性行政書士ディア法務事務所
  2. 相続手続き

相続手続きの流れ

相続手続きのポイントは、被相続人(故人)の遺産について「誰が」「どの財産を」「どのくらい」相続するのかを、遺産分割協議でできる限り明確にすることです。(※相続人間で遺産を分けることを「遺産分割」、遺産分割の方法について話し合うことを「遺産分割協議」といいます。)

この遺産分割協議を円満に行い、その後の手続きを円滑に進めるためには、「被相続人の遺産がどのくらいあるのか」「誰が相続する権利を持っているのか」を正確に把握することが重要です。
また、遺産分割協議後の手続きも見据えて書類を準備しておくと、全体の手続きがとてもスムーズに進みます。

STEP1相続調査

相続調査

まずは、被相続人の遺言書が残っていないかどうかについて確認しましょう。それと同時に、被相続人の遺産を「誰が」相続することができるのかについて調査を行い(相続人調査)、被相続人の遺産が「どのくらい」あるのかについて調査を行います(相続財産調査)。

詳しく見る

STEP2遺産協議

遺産協議

法定相続人の各人が、相続財産調査の結果を元に相続の承認・放棄の選択を行った後、相続を承認した相続人全員で遺産分割協議を行います。

一旦相続人全員の合意が成立した後にもう一度遺産分割協議をやり直すことは、原則としてできませんので、ご留意ください。

詳しく見る

STEP3遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議で合意したことを書面に残します。この書面を「遺産分割協議書」といい、次のステップで行う名義変更の手続きの際に使用されます。
また、遺産分割協議書を作成しておくことで、将来の相続人間での「言った」「言わない」のトラブルなどを予防することにも繋がります。

詳しく見る

STEP4名義変更などの手続き他

名義変更などの手続き他

遺産分割協議によって相続人が決まった遺産について、それぞれ名義変更などの手続きを行います。名義変更を必要とする財産としては、預貯金や不動産、自動車、株式などが挙げられますが、その他にも名義変更が必要なものは多くあります。また、名義変更を行うものによって、必要とされる書類が異なってきます。事前に十分確認しておくようにしてください。

詳しく見る
ご相談&お見積り無料。簡単なご質問だけでもお気軽にお問い合わせください。電話番号0742-34-5634 受付時間10:00〜18:00
24時間受付のメールお問い合わせはこちら